5万円を200万円にした期待値稼働によるレバレッジ攻略はここをクリック!!!

【ハイレバ】レバレッジを攻略することで証拠金を一度に増やす ロットが張れないときのメンタル管理術【FX】

私見を交えた本気のFX考察はこれだ

国内口座なら最大レバレッジは25倍。

海外口座なら1000倍から5000倍

それ以上の無制限などもありますね。

レバレッジをかけるというのが

チャンスにもなり負ける要因にもなります。

 

レバレッジをかけすぎてはいけない。

みなさんはそう教わったと思います。

または自分でトレードをする中で

理解することでもあります。

 

しかしレバレッジをかけるというのは

本当に悪なのでしょうか?

当ブログではレバレッジを使った賢い

トレードを推奨します。

 

jiro
jiro

レバレッジを張れば当然、思った通りに動けば一気に大金が動きます。しかし逆に動けばたちまち証拠金維持率を減らしロスカットや追証を促す諸刃の剣になります。これがあるからFXをやる意味があると私は思っています。仕組みを理解した上で戦うべきです。

 

【ハイレバ】レバレッジを攻略することで証拠金を一度に増やす ロットが張れないときのメンタル管理術【FX】

レバレッジをかけると証拠金維持率を

一定に保つのはとたんに難しくなります。

そして張れば貼るほど余裕がなくなります。

それは証拠金もそうだし

自分自身のメンタルも同じことです。

 

心に余裕が無くなるということは

普段しないことをしてしまいます。

また、一瞬のアゲサゲに一喜一憂して

心をすり減らしてしまいます。

 

勝ってるうちはいいです。

負けが続くと何もしたくなくなり

鬱になりいずれいなくなります。

では効果的にレバレッジをかけるために

メンタル管理する術はないのでしょうか?

 

資金管理を徹底して勝てる仕組みをつくる

こちらに関しては以前の記事をご覧ください。

あくまで資金管理の一つです。

 

期待値稼働の一つのやり方

 

裁量トレードで最大のポイントはメンタル管理術

詰まるところメンタル管理できるということは

資金管理ができているというこに繋がります。

そうでなければメンタルを安定することは

普通の常人には無理です。

 

徹底した資金管理を行い、期待値稼働を

愚直にできる仕組みを作るからこそ

強いメンタルが作れます。

または元々が鋼の心を持っている人です。

なかなかいないとは思います。

 

しかしメンタル管理できているということは

メンタルを安定できる条件が揃っている

そう捉えることができます。

 

メンタルが安定するとはどういうことか?

 

直近の勝率が高い、または大きく勝った。

資金管理で期待値稼働できている。

証拠金の額がそもそも多く無理をしてない。

 

こういう理由からメンタルは形成されます。

即ち、メンタルが安定しているということは

勝ちトレーダーの枠にいるということです。

 

余裕がない人はきっと相場で生きていけません。

 

レバレッジをかけたときにメンタルを安定させるコツ

簡単に言うとこういうことになります。

 

そのレバレッジをかけるだけの根拠がある。

資金管理で負け金額を限定している。

生活費がかかっていない。

 

これに尽きます。

 

jiro
jiro

常々、ツイッターなどで言及しているようにFXを収入の柱に入れないことです。入れないことが結果的に勝つことに繋がります。今実例を見せています。収入の柱ではないからメンタルが安定しています。これで負けても生活はできるからです。そして資金管理で勝つことも負けることもあるときちんと自覚しています。そして自分なりの根拠です。これらが揃えばメンタルは強化できます。

 

あとがき

jiro
jiro

最後に。海外口座でFXのトレードをする場合は、TariTali(タリタリ)ユーザー登録を済ませてから海外口座に紐づけしましょう。すでにトレードした口座は紐づけできないので追加口座を作るか、新しく該当の海外口座を開いて下さい。スプレッド分がキャッシュバックとして還元されます。トレードごとにお金が返ってきます。好きな対応する海外口座を選んでください。

 

本当にお金が全くかからない無料レポート

FXトレーダーが必ず読むべき無料書籍がコレ!※演習問題付き

FXトレーダーは絶対DLすべき!無料レポート

FXで儲けたくない人は見ないでください(笑)

 

まずはTariTaliでユーザー登録

業界最高のリベート率!
業界最速の出金!
海外FX口座開設ならTariTali

 

海外口座とTariTaliを紐付けする

既存の口座がある場合は追加口座を作る

 

コメント