5万円を200万円にした期待値稼働によるレバレッジ攻略はここをクリック!!!

【絶対条件】レバレッジの掛け方 正しいハイレバと間違ったハイレバの境界線はここ【FX】

私見を交えた本気のFX考察はこれだ

元々国内口座の時から25倍でやってましたし

海外口座で1000倍のレバレッジをかけて

取引するようになりました。

 

教科書的にはレバレッジを掛けること

つまり度を越したハイレバは悪だと

そのように書かれていますね。

 

実際の所どうなのでしょうか。

 

jiro
jiro

ロットを張らないで低ロットですることが王道です。そしてテクニカルに精通した熟練者ほどその傾向は強いです。何も間違っていません。正論です。何故ならそれで証拠金を溶かして退場する初級者と中級者があまりにも多いからです。しかし、ハイレバが本当に悪なのでしょうか?やり方次第であると言えます。

 

【意識改革】レバレッジの掛け方 正しいハイレバと間違ったハイレバの境界線はここ【FX】

低レバの場合はテクニカル重視で

値幅を取ることが前提なことが多いです。

これは守りの戦略でもあります。

含み損にもある程度耐えれるロットで

トレードをすることによって

多少の誤差に耐えることができます。

 

しかし値幅を取らなければ

大きな利益を確保することはできません。

私個人としては値幅を取ることこそ

非常に難しいトレードだと思っています。

 

jiro
jiro

逆に私が推奨するのは資金管理と複数口座を前提としたゼロカットとハイレバとボーナスの複合的なトレードの仕方です。こちらはどちらかというと勝負所でロットを張って短期間で大きな利益を得るということです。値幅を取る必要はないので大きな利益を得やすいです。ただ逆に難しくなるのが損切設定です。このハイレバで低ロットと同じことをしたら秒でお金が溶けます。ハイレバ=短い損切が絶対条件です。

 

5万円を200万円にしたレバレッジ攻略

 

間違ったハイレバはこれ

資金管理ができてないハイレバです。

資金管理ができていないというのは

損切設定を行っていないトレードです。

ハイレバで勝つには短い損切が絶対条件。

これは間違いありません。

 

jiro
jiro

細かく言えば色々な要素があります。何度でも言いますがハイレバトレードで利益を残せるのは損切が短い場合のみです。短い損切でなければハイレバトレードは成立しません。ここを間違えてしまうと間違ったハイレバトレードとなり、教科書通りの結果になります。ツイッター上でも一瞬で溶かした人達が沢山いますね。ハイレバですればするほど損切設定はシビアにしなければなりません。損切をきちんと決めてハイレバをすることで結果的に大きな利益が残ります。それは日々のトレードで肌で感じていることです。ツイートを遡って見てもらえればわかると思います。ハイレバを成立させるなら損切設定は短く。これが絶対条件となります。

「私にはFXの才能がない」と一度でも言った経験がある人はどうぞ♪

コメント