カテゴリー別 一覧

FXブログをはじめてみた 自己紹介とタイトルの意味 Twitterとnote ASDグレーゾーン はじめにご覧ください

体験談

独学でFXをしているjiroといいます。

現在、先行してTwitterやnoteにてFXに対する

自分の考え方や考察などを発信しています。

 

ブログの内容は今後このようなものを

深堀りしたものを載せていきたいと思っています。

よろしければフォローお願いします!

 

Twitterはこちら。https://twitter.com/jiro10763995

noteはこちら。https://note.com/jirooooo

 

最初のブログでの投稿になりますので

自分自身の特性から

簡単に説明していきたいと思います。

 

まず、ブログのタイトルに書いてある

グレーゾーンからになります。

ASD傾向グレーゾーンの説明になります。

 

これは実際に病院で診断されたものではなく

自身が勝手に思っているものですが

よく自分に当てはまると感じています。

 

ASD傾向グレーゾーンとは

自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、

広汎性発達障害などがあり

社会でのコミュニケーション・対人関係に

問題があったり特定の物事に対して

強いこだわりや興味があったりします。

 

グレーゾーンはそれらの傾向があるが

はっきりとした診断までされない人達のことです。

 

知的障害や学習障害がなく

普通の人と基本的には変わらないので

大人になってもわからないままの方もいます。

 

以下、ネットで調べたもの。

 

積極型 

アスペルガーの人に多く

割とコミュニケーションを取ったりします。

ただ、他人との距離感がうまくつかめず

一方的で空気をあまり読もうとはしません。

 

受動型

人との関わりは拒否しませんが

自発的にとることはしないタイプです。

主体性がないため

他人の意見に左右されやすい人が多いようです。

 

孤立型

社会に関わらず孤独を好む傾向があります。

対人関係に難があるものの

アスペルガーの中でIQが高く天才肌が多いです。

  

また、ASDには歴史的に有名な人物も多く

レオナルド・ダビンチやエジソン、

ガリレオ、ベートーベン、織田信長が

そうだったとされているようです。

 

自分が自覚したのは

20代後半ぐらいだったと思います。

 

両親も弟もコミュニケーション能力が高く

何処へ行っても誰と会っても気さくに話し

すぐ仲良くなります。

 

小さい頃から自分だけ内向的で自己主張が強く

全体行動が苦手で個人でよく行動をとってました。

 

コミュニケーションは苦手なのですが

性格と捉えていてそれなりに友達もいて彼女もでき

一般の人と何ら変わりのない人生を

歩んでいました。

 

大人になり社会人になってから

対人関係が複雑になるにつれとても社会に

生きづらさを感じていたのを覚えています。

 

割と完璧主義に近く自分のダメなところを

少しでも減らして平均的になりたい。

 

よりよい人間になりたいと常に考えていました。

 

やはり苦手な部分は改善せずに

気持ちも落ちこみ病んでいたと思います。

 

このままではだめだと思い

ある時をきっかけに考え方を変えました。

なぜそうなったかは覚えてません。

 

苦手な部分を直すのは無理だから

良いところだけ伸ばそう!

という結論に至りました。

 

そう考えてからかなり楽になったと思います。

そんなASD傾向グレーゾーンの自分から見た

FXの考え方や分析を

記事にしていきたいと思います。

jiro
jiro

みんなでつくる参加型ブログの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました