カテゴリー別 一覧

私がFXに辿り着くまで どのようにFXに行きついたのか 始まりは図書館から 奇跡と軌跡

体験談

頭では何か副業がしたい。

おこずかいを増やしたい。

と常日頃から漠然と考えていました。

 

まず、最初に浮かんだのが物販、いわゆるせどり。

 

本屋で新品の本を買い

店舗せどりやネットせどりの勉強を始めます。

 

同時にヤフオクやメルカリのアプリを

ダウンロードして準備を始めます。

手始めとして定番の不用品販売から

スタートしました。

 

ほぼ新品の本が定価の半額以下ですが

売ることができ

徐々に売れるようになりました。

 

身の回りの売れるものは

どんどん安くして売っていきます。

その間も着々とYouTubeで知識を仕入れ

(ただの垂れ流し)

本も読み知識を増やしていきます。

 

そして満を持して店舗せどりに向かいます。

 

…が探せど探せど良い利益商品が見つかりません。

 

その頃はバーコードで読み取ることも

知らなかったので

ひたすらスマホ片手に検索を繰り返していました。

 

Amazonや楽天にある商品より

安い商品は見つかります。

 

ドンキホーテや家電量販店

古本市場やブックオフなど。

動画を見ては仕事終わりに探しに出かけ

2,3時間費やしていました。

 

ただ、配送料を考えるとどれも赤字でした。

そして店員の目がきになります。

 

そして当然のことながらネットせどりも

知識不足で探すことができません。

 

また、古物商許可と開業届が

必要なことも知ります。

 

必要経費で2万弱かかること

 

  1. 個人許可申請書
  2. 住民票
  3. 身分証明書
  4. 登記されてないことの証明書
  5. 略歴書
  6. 誓約書

 

が必要なことがわかります。

一気にハードルが上がった気がしました。

そして開業届けも出さないといけないことがわかり

一旦保留して別の副業を探すことになります。

 

そして、毎週子供たちと行く市立図書館で

FXの初心者用の本を見つけます。

 

FXはやめとけとよく聞いていたのですが

興味本位で借りることにしました。

ロングもショートも最初は意味がわかりません。

 

ドルが買われたら上なのか

下なのかもよくわかりません。

ただ、何か惹かれるものがありました。

 

そこから独学で

FXの勉強を始めることとなるのです。

jiro
jiro

注意喚起の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました