カテゴリー別 一覧

勝つ側の定義 どうすれば勝ち組に回れるのか 10%の枠に入るトレーダーとは FX 重要なのはコレ

私見

勝ち組とは

一般的にFXの勝ち組は約1割

10%のトレーダーしかいないとされています。

単年で勝てる人は3割弱はいるらしいです。

ですがそれを5年継続できる人は

少ないらしいです。

 

私も1年弱です。

今、結果がでているとしても数年後、5年10年後に

結果が出ているかはわかりません。

 

それだけトレーダーというのは不安定で

不確定な職業だと思います。

なので5年以上それで専業でやれている方を

尊敬しています。

 

継続するために

ではどうすればいいのか?

はっきり言って今からそれを

模索していく段階になります。

 

まずは専業や兼業という括りで考えず

結果をだしている方を見ていきます。

やはり継続して勝っている方は

自分独自の手法や資金管理を持っています。

 

調べていくと

 

それぞれの生活スタイルに合わせたやり方で

何を基軸としてチャートを見るのか、

ライン重視なのか、インジケーター重視なのか

ローソク足重視なのか。

 

また、エリオット波動、ウォルフ波動

サイクル理論やダウ理論

三尊特化のトレーダー等

様々なやり方でそれぞれ勝ち組がいます。

 

重要なのは

よくツイッターで私は

手法はなんでもいいと言っています。

その真意は、その人の生活スタイルや環境で

勝てる手法なら何でも良いということです。

勝てるならなんでも良いと思っています。

 

以前の記事でも書きましたが

手法と資金管理はセットです。

そして各個人によってスタイルは違います。

 

同じやり方しても同じようには勝てません。

そして同じように負けれません。

 

最後に

タイトルにある通り

勝ち組の定義とはなんでしょう。

1円でもプラスなら勝ち組になります。

 

それじゃ副業にもならない

ましてや専業になんてなれないって思うでしょう。

確かにそうです。

 

極端にトレード回数が少ないのは別として

月にある程度のトレードをして結果

トントンになっているんだとしたら

それだけで充分価値はあると思います

 

その手法と資金管理を伸ばすだけです。

少しだけ利益を伸ばして

少しだけ損切りで負ける金額を減らすだけです。

 

当たり前ですね。それがなかなか難しいのですけど。

 

私はFXのトレードを始めた当初からそうですが

上か下かをあまり意識していません。

上に行きたそうなら上目線で考える。

下に行きたそうなら下目線で考える。

 

そして、上か下かよりもいかにして

FXの勝ち組にまわれるかを考えています。

 

それだけです。

jiro
jiro

勝ったらこの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました