5万円を200万円にした期待値稼働によるレバレッジ攻略はここをクリック!!!

ダウ理論を簡単に最小文字で初心者にわかりやすく説明する 【FX】

アイデアを企画して記事にしてみた

ダウ理論は基本中の基本です。

そしてネットにも本にも

沢山、著名人が説明されています。

今回はそのダウ理論を最小文字で

説明していきたいと思います。

 

そしてダウ理論は使えるのか?

ダウ理論で勝ち組になれるのか?

そこを最小文字単語でまとめます。

 

jiro
jiro

まずはどこにでも書いてある基本的なことを説明しますね。

 

ダウ理論を簡単に最小文字で初心者にわかりやすく説明する 【FX】

FXトレーダーが必ず読むべき無料書籍がコレ!※演習問題付き

初心者
初心者

ダウ理論って何ですか?

jiro
jiro

コネチカット州スターリング生まれのジャーナリストであり証券アナリストのダウ・チャールズが提唱したもの。相場に関する記事を執筆していて【株価は全ての事象を織り込む】と唱えた人。ダウ理論は以下の6つの基本法則から成り立っています。調べたら沢山書かれているけどめちゃくちゃ簡単に表現していきますね。

 

詳しく原文で知りたい人はこちら。

引用コンテンツ

引用元:ダウ理論 – Wikipedia

 

平均はすべての事象を織り込む

チャートはすべてのネタ(ファンダメンタルズも含む)を織り込む。

 

トレンドには3種類ある

陸上で例えると短距離走・中距離走・長距離走それぞれある。

 

主要トレンドは3段階からなる

競馬で例えると逃げ馬・先行馬・差し馬それぞれある。

 

平均は相互に確認されなければならない

恋愛でいうとお互いの好意がわかるサインを確認する作業。

 

トレンドは出来高でも確認されなければならない

映画で例えるとどれだけ全米の人が涙したかどうか。

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

スロットでいうとゾーンにいる間はトレンドで抜けたら終了。

 

ダウ理論を簡単に説明すると

FXメルマガ読者数日本一の投資助言会社が作った投資レポートが無料!

 

以上の6つの要素で成り立ってます。

わかりやすくまとめると

 

安値を更新せずに高値を更新で上昇トレンド。

高値を更新せずに安値を更新で下降トレンド。

これらが崩れたらトレンド転換。

トレンドはそれぞれ短期・中期・長期がある。

主要トレンドは先行期・追随期・利食い期。

つまり底値買いの時期。それ見て追随する時期。

先行期に買った人が利食いする時期の3つがある。

そしてどれだけの人が参加してるか?

チャートはすべて知っている。

複数の通貨ペアで確認するべき。

 

jiro
jiro

ざっくり言うとこんな感じです。非常にシンプルですがこれを愚直にやるべきです。この基本は世界中の投資家に基本として埋め込まれています。市場はこれらを基本に考えているということだけ覚えておいてください。このトレンドがどれだけ続くのか。またどれぐらい強いのかは図ることはできません。それを解き明かすのがチャートでの分析になります。

 

あとがき

100%ボーナスを利用したFX最短攻略。

海外口座とTariTaliは簡単に紐づけできます。

 

①まずはTariTaliのユーザー登録をする【重要】

👇最初にここから必ず登録 3分で完了👇

海外FXのキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 

②それから海外口座を開設する

👇100%ボーナスが毎週ある海外口座はここ👇

口座開設フォーム|GEMFOREX
GEMFOREXでは口座開設の際に口座開設に伴う身分証明書などの書類の提出を必要としないクイック口座開設を取り入れております。名前とメールアドレスのみをご入力頂く事で最短30秒で口座開設が完了し、いつでもトレード開始できる状態となります。

 

③1度でもトレードした口座は紐づけできない

すでに口座がある場合は追加口座で紐づけ可能

👇対象の海外口座なら乗り換えできます👇

他社から乗り換えキャンペーン|GEMFOREX
GEMFOREXで開催中の他社乗換キャンペーンのご案内です。当社では、他社からの乗り換えを頂けるお客様を募集しております。現在含み損を抱えている金額を補填させて頂くなど、高条件での乗り換えを受け入れさせて頂きますので、是非、この機会にご検討を頂けますと幸いです。

 

④これでTariTaliと紐づけが完了

TariTaliのユーザー画面に戻り

👇口座管理で業者名口座取引番号を登録👇

海外FXのキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 

⑤このブログのFXの最短攻略はこれだ!を見る

パソコンの場合はサイドバーをご覧ください

スマホはこのまま下へスクロールして下さい

コメント