5万円を200万円にした期待値稼働によるレバレッジ攻略はここをクリック!!!

【CB】海外口座の優位性 ボーナス「あり」から「なし」に移行した場合のトレード戦術【FX】

有益情報をあなただけにお届け

以前はボーナスありのトレードをしていました。

ボーナストレード全盛期でTwitterのTLでも

大変ツイートが賑わっていましたね。

 

現在はボーナスがない証券会社に移行しました。

今トレードしているのはEnessです。

Online Trading | Trade CFDs on Crypto, Forex & more with Exness
Online CFD trading on Exness' powerful trading platform with better-than-market conditions on the world's financial markets. Always trade responsibly ✓

 

体験談の記事はこちら

 

jiro
jiro

Enessは定期的なボーナスはありません。その代わりに証拠金維持率が0%でありレバレッジも無制限です。そしてトレード中に資金移動することができ、スプレットも非常に狭いです。海外口座をやったことない人や中級者、もちろん上級者のトレーダーにも人気の取引所となります。初心者にもおすすめですね。気になる方はHPに飛んで見てみて下さい。

 

【CB】海外口座の優位性 ボーナス「あり」から「なし」に移行した場合のトレード戦術【FX】

本題に入りましょう。

前置きで書いた通りボーナスの優位性を

最大限に利用してトレードしていました。

もちろんその当時の規約の範囲内です。

 

しかし今は以前のようなボーナス全盛期では

なくなってしまいました。

普通に考えてボーナスありなだけで

かなり有利な状態でトレードできますからね。

 

なので今はボーナスがないけれど

他に魅力が沢山あるExnessをメイン口座にしてます。

 

ボーナスなしに移行してまず困ったのは……

 

jiro
jiro

以前のようにハイレバでロットをはってトレードしにくくなってしまいました。単純にリスクが大きくなってしまったのが原因です。そしてそれによるメンタルの崩壊。前よりリスクが大きくなったのだから前より勝てなくなるのは当たり前です。なのでリスクを前と合わすことにしました。ロットを下げたのです。それによってリスクは以前と同じになります。もちろん利益は減りましたがそれによって前と同じような感覚に戻れました。慣れるまでロットを2分の1や3分の1、4分の1にしてトレードしてみて下さい。

 

スキャルピングには欠かせないCB戦略

CBできるものは色々あります。

その中の一つにTariTali(タリタリ)があります。

 

Exnessは某証券会社のような

5分縛りのスキャルピング規制はありません。

なのでトレードすればするほど

CBが狙えるということです。

 

プロ口座を使っているので実際のCB率は

スプレットの25.53%です。

スタンダード口座ならなんと40%あります。

 

トレードした時点でスプレット分が

これだけ返ってくるということです。

CBをやらない手はありません。

 

jiro
jiro

チリも積もればです。もしこれでトータルがプラマイのトレードになったとしてもCB分がその月のプラスとなります。それだけでもかなり違うと思います。やればやるほどお金が返ってきます。これ目当てでどんどんトレードをしろとはいいませんが普段からトレード回数が多いスキャルピングメインの人ならこの恩恵を最大限利用することができるはずです。海外口座をやるなら必ず紐付してCBを貰いましょう。月単位、年単位で見るとかなりの金額になります。

【無料】現役プロトレーダーが総合監修したFX投資E-BOOK図解オールカラー128P 

 

コメント