5万円を200万円にした期待値稼働によるレバレッジ攻略はここをクリック!!!

勝ったのは『損切しないから』で負けたのは『損切しないから』だった私が海外口座で資金管理を徹底した結果 第1話

本当にあったリアル体験談を暴露

前回の記事ツイートはこちら

無料の限定記事が見たい方は@jiro10763995をフォローして固定記事にいいねとコメントを頂ければ限定記事①のパスワードを送ります。この他の限定記事のパスワードは全てこの記事の中にあります。私のトレード方法が知りたい方や気になる方はぜひチェックして下さい。

 

 

オススメ 証拠金維持率0%でレバレッジ無制限とトレード中の資金移動ありのExness

オススメ キャンペーンやFX大会などが豊富で限度額まで何度もボーナス付与のFXGT

オススメ 対海外FXのキャッシュバック対応業者の数は事実上の№1であるTariTali

 

jiro
jiro

基本的なテクニカルを無料で学びたいのならFXトレーダーは絶対DLすべき!無料レポートこちらをご覧ください。無料で基礎的な内容を知ることができるものです。

勝ったのは『損切しないから』で負けたのは『損切しないから』だった私が海外口座で資金管理を徹底した結果 第1話

最初の2年ぐらいは基本的に国内口座であまりレバレッジを掛けずにやっていました。本当に最初は25万円を入れて低ロットで数千円を増やしたり減らしたりを繰り返してもっと証拠金を入れない大きいロットが張れないので追加で25万円を入れてしばらくやっていました。そして減らしたり増やしたりしながら増えたら出金してまた20~30万円ぐらいから始めるということを繰り返していました。

過去記事で書いた通り最初の3か月を奇跡の初心者ビキナーズラックで勝つことができ確定申告をすることになりました。年が明けてから調子に乗っていた私はお金を一度大きく失います。ドル円からユーロドルを触り始めた頃です。その頃のユーロドルはある配信者からゾンビと言われており落ちても落ちても這い上がるユーロは文字通りゾンビのようでユーロドルを国内口座で言う10ロットでロングしました。

下がっても気が付いたら上がるもの、それがユーロ。朝目が覚めると含み損が数万円に膨らんでいました。それでも上がると信じていた私は普通に会社に行き、普通に仕事を始めます。そして休憩時間に含み損が10万円を超えているのを見て発狂します。その後、含み損を塩漬けすることを選んでしまい結局約30万円ぐらいの損切をする羽目になってしまいました。これがトレードを始めて4,5か月の時の話。

次回へ続く。

 

trader
trader

海外口座でメインで使っている証券会社やCBサイトを教えてください。

jiro
jiro

メインで使用中はExnessのStandard口座です。スプレッドはプロ口座より広いですがより大きなCBが見込めるからです。指標時などのレバ制限がある場合は制限のないFXGTを活用中。CBはTariTaliを使っています。詳細は下記からどうぞ。

証拠金維持率0%でレバレッジ無制限とトレード中の資金移動ありのExness

 

キャンペーンやFX大会などが豊富で限度額まで何度もボーナス付与のFXGT

 

対海外FXのキャッシュバック対応業者の数は事実上の№1であるTariTali

error:Content is protected !!