カテゴリー別 一覧

アルゴの考え方 フローチャートから学ぶFX プログラミングとは コンピュータに行わせる作業手順

私見

アルゴリズムとは

ここまでは自己紹介やFXに辿り着くまでの経緯

そして独学でトレードをしてどうだったのかを

記事にしてきました。

初めての方はこちらからどうぞ。

 

今回はアルゴリズムについて書きたいと思います。

20年前にゲームのプログラミングを習ったときに

覚えた知識になりますが

思い出しながら書いていきたいと思います。

 

最後にFXに繋げていきますので

順番にご覧ください。

 

皆さんはTwitterなどでよくアルゴなどと

聞いたことはありませんか?

一般的にコンピュータに行わせる作業の処理手順を

アルゴリズムと言います。

 

以下、みんな大好きWikipediaから

アルゴリズム: algorithm)とは、「計算可能」なことを計算する、形式的な(formalな)手続きのこと、あるいはそれを形式的に表現したもの。コンピュータにアルゴリズムをソフトウェア的に実装するものがコンピュータプログラムである。人間より速く大量に計算ができるのがコンピュータの強みであるが、その計算が正しく効率的であるためには、正しく効率的なアルゴリズムに基づいたものでなければならない。

 

地図のルート案内や電車の乗り換え案内サービス、

Yahoo!やGoogleの検索結果の順位などにも

アルゴリズムは使われています。

 

そしてアルゴリズムを図式的に

わかりやすく表現したものを

フローチャート(流れ図)と言います。

 

フローチャート

アルゴリズムを表現する手段の一つに

フローチャート(流れ図)があります。

処理の流れを図で表したものです。

処理の流れの構造は

順次、選択、繰り返しの3つで

できており、これを基本制御構造と言います。

 

フローチャート 

お買い上げ金額で割引あるなし%を決める場合

 

ソース画像を表示

 

このようにフローチャートは

必ずSTARTから始まり、ENDで終わります。

そして、順次構造、選択構造、繰り返し構造に

よって成り立っています。

 

順次構造 

一つ一つの処理を順番に処理する構造。

選択構造 

判断記号を用いて処理を分岐させる構造。

繰り返し構造 

同じ処理を何回か繰り返し行う処理構造。

 

これが基本的なフローチャートの構造になります。

 

FXに当てはめると

FXでよくでてくるアルゴとは

こういうフローチャートに

よって出来ています。

 

実際に大口のアルゴを知っている訳でも

関わった訳でもありません。

ここから先は個人の想像や見解になります。

 

例えです。

実際にこの条件で

アルゴが作られている訳ではありません。

 

以下の条件を

フローチャートに当てはめていきます。

 

移動平均線100との剥離率が

60%より大きいか?少ないか?

大きい場合は

フィボ23.6%まで売り、または買戻し。

少ない場合 ①30~59%か?②0~29%か?

①の場合は、移動平均線200との関係はどうか?

また、前日比%はどうか?

②の場合は、24時間以内に①の処理は行われたか?

NOならそのまま、ループ。

 

見たいな感じでフローチャートで条件ごとに

細かくコンピュータが取る行動が

決められていると推測します。

もっと複雑でまた各証券会社によっても

条件は異なると思います。

 

アルゴで自動で動くとは

こういったそれぞれの条件を

読み取ってコンピュータが

自動で売り買いをするということです。

 

まとめ

これらのことから、移動平均線やフィボ

そういったものから条件が

決められているんじゃないかと思っています。

ラインを引かないのはそういった理由です。

 

また、実際に通貨強弱で使われているプログラムは

潤滑移動平均線、単純移動平均線の

剥離率を数字化し

グラフ化したテクニカル指標らしいです。

実際に自分が調べた訳ではありませんが。

 

極めて複雑なアルゴリズムで

動いていると思いますが

必ず条件に使われているデータがあるはずです。

 

実際にプログラミングに関わっていないので

わかりませんがそういった見方で見ると

ちょっとおもしろいと思いませんか。

 

以上

アルゴの簡単な説明と個人の妄想になります。

jiro
jiro

オススメの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました